【卒業生インタビュー】 大沼里奈さん (WEBデザイナー・プロデューサー)

DSC_8379

大沼里奈 (株式会社momomo/WEBデザイナー・プロデューサー)

デザイナーとカフェ事業主。ハイブリッドに働く私の原点は、OCHABI

① 高校時代の私

卒業後の進路に揺れていた私。OCHABIの先生との出会いに大きな影響を受けた。

 私は福祉系の高校に通っていて、もともと幼稚園の先生になるという人生のロードマップがありました。でも、絵やイラストやデザインにもすごく興味があったので、卒業後の進路に迷っていました。そんな時、高校にやってきたOCHABIの先生から「デザインの進路なら、幼稚園の子にイラストを教えたりもできるし、何にでもなれるよ」という言葉をいただきました。自分の可能性が広がり、将来の選択肢も増える方が、好奇心旺盛な私には合っていたので、先生との出会いはすごく大きかったと思います。デザイン系の学校はいくつか検討しましたが、OCHABIの体験授業の自由な雰囲気が良いと思って決めました。

② OCHABIで学んだこと

OCHABIには、実践の学びと「できないことはない精神」があった。

 他の学校だと1つのことだけに取り組むケースが多いと思いますが、OCHABIはその人次第で何にでも挑戦できる学校だと思います。目の前の課題と向き合う時も、自分の将来を考える時も、縛り付けません。何かあった時は先生が相談にのってくれます。そして、何といっても、OCHABIの一番の魅力は、産官学連携によるコミュニケーションの授業です。その中でも、日光市の「日光に若者を呼ぶ」という課題が印象に残っています。現地での調査、グループワークの難しさ、プランニングの大変さ、クライアントへのプレゼンテーションなど身をもって経験しました。慣れない企画立案に苦しみ、学校を辞めたくなった時期もありましたが、そこで鍛えられたからこそ、精神的にタフになったと思います。

③ 現在の私

好きなことも、やりたいことも、自ら積極的に動いて実現していく。

 現在は、WEBサイトや絵本などを制作する会社で、WEBデザイナー兼プロデューサーとして働いています。今の会社がやっている絵本の事業にどうしても関わりたくて自分からアプローチし、新卒募集していなかったにも関わらず採用していただきました。絵本事業をはじめ、クライアントに定期的に贈り物をするお団子プロジェクトや、各種企業やタレントのWEBサイト制作など、さまざまな仕事に関わっています。社長との距離も近く、若手であってもやりたいことをすぐに言える環境で、最近では自ら提案して新しい事業を立ち上げるなど、充実の日々を送っています。あと、会社とは別に、OCHABI時代の友達と「ひよりカフェ」という年に4回だけオープンするカフェも運営しています。季節ごとの1日限定カフェということもあり、出店する場所を毎回変えていて、さまざまな企画も催しています。WEBサイト制作、メニュー開発、宣伝、売上管理など、全部自分たちでやっています。会社との両立は大変な時もありますが、楽しいから苦になりません。

DSC_8419


ゼロワーク・プログラム
デザイン・アート思考
アクティブ・ラーニング
ビジュアル・コミュニケーション